アイシングクッキーにあうクッキーの作り方&アイシングクリームの作り方レッスン開催しました♫

「このクッキー、ヨックモックのより美味しいじゃん!」

 

こう言ってくださったと報告してくださったのは、
先月のアイシングクッキーにあうクッキーの作り方&
アイシングクリームの作り方レッスンにいらしてくださった生徒様が、
ご自宅にて復習してクッキーを焼いてくださったクッキーを食べて、
旦那様が言ってくださった感想の言葉なんです♡

 

かのあの有名なヨック○ックさんより
美味しいだなんてーーーっ♡!

 

このお言葉を報告してくださった生徒様、
毎回復習を欠かさず、
学ぶことが楽しくって仕方がないといった
とっても努力家な方なのです♫

 

真面目というよりは、
好奇心に忠実というのでしょうか。

 

自分のわくわくにとっても正直で、
わくわくすることを楽しんでくださっている
そんな印象なんです♡!

 

このわくわくの先には・・・
なぁんて好奇心が、
いつもいつもステップアップとして
返ってきていることを感じる方の一人。

 

そんな生徒様の探究心と復習の賜物な
冒頭の旦那様のお言葉なのですが、
このお言葉はわたしにとって、
キャッチコピーにしたいくらい
気に入ってしまったので、
生徒様の許可を得て使わせていただきました♫

実際に材料を計量して、
ちょっとしたコツとPOINTを交えながら
作っていきます♫

 

こんなに簡単なの!?
これなら手軽に作れそう♡

そんな風に言っていただき、
この上ない喜び♡


こちらのレッスンでは、
わたしが試行錯誤して作ってきたクッキーの作り方を
お菓子作り初心者のわたしでも作れる作り方と
レシピを通してお伝えしています。

 

作り始めの頃は、
バターはできるだけ少なくがいいな
(バターのコクと旨みは比例しているけど、
体に負担をかけたくない…)
お砂糖はできるだけ少なくがいいな
(アイシングを上に乗せるんだから)
卵って全卵でないと駄目??
(卵黄だけの方がコクが増して美味しそう!)

 

などなど思っていろいろと試行錯誤していたのです。

 

そんな体感を通して必要なものには、
その必要となる役割と分量があることを知り、
今のレシピに落ち着きました。

 

できるだけ洗い物は少ない方がいい!

 

手がべたべたになりたくない!

 

そんなわたしが負担と感じていたことも
クリアした作り方をただただお伝えしているだけなのですが、
共感いただきレッスンを受けてくださることで、
「やっぱりひかる先生のレシピ美味しい!」
なんて言っていただき、
HAPPYが広がっていることに
感謝感激なのです♡

 

こちらのレッスンはご要望を元に
開催させていただいてます♫

気になるよって方は
お声かけいただけたら幸いです♡

 

今月のヘクセンハウスのご案内はこちら。

Xmas2018♡ヘクセンハウスレッスンのご案内♡残席わずかです!
ドイツ語で「魔女の家」を意味する へクセンハウスとは、 ジンジャークッキーなどで形作られる お菓子の家。 この名は、グリム童話【ヘンゼルとグレーテル】に 登場する「お菓子の家」に由来して 名づけられたんだそう♫ ...

先日第一弾として、
Kidsレッスンにてへクセンハウス作りを
開催させていただいたのですが、
夢がたくさん詰まったお家、
たくさん並ぶとそれはそれで
可愛さ増すのです♡

 

X’masまでこんなわくわくHAPPYが詰まった
へクセンハウスを飾って楽しんでいただけたら
ますますX’masが待ち遠しくなるのではないかと
わたし自身胸を躍らせています♫
大人のへクセンハウス作りレッスンでも
どんなHAPPYが待っているのか、
楽しみでたまらない♡

 

PetitPlumeアイシングクッキー教室のFacebookページはこちら

www.facebook.com

 instagramはこちら♡

www.instagram.com

いいね!で応援していただけたら喜びます♡

LINE@はじめてみました♡


レッスン情報、ブログ更新などなど
ゆるりとつぶやいてみようと思います♫

是非お友達登録してくださいね♡
(ぼちっと押してみてください♡)

友だち追加

コメント